ココ

保護犬だったチャビくんと仲良くなる経過をつづってます

161103c.jpg


これはココがまだうちに来て間もなかった頃の写真
たぶんまだ名前もつけてなくて
全くなついてない状態のときのです

あんまり反応のないおとなしい子だったのに
ふとんを敷くといきなりテンションが上がって
こんな状態になりました

生まれつきふとんが大好きだったんですね

この写真のココ、狛犬みたいだと思うんですけど
どうですか?




080117.jpg


こちらシニアに足をつっこんでたとは
思えないほどラブいココの写真です
ココはほんとにフォトジェニックでした
チャビくんはタヌキみたいな顔してる
せいで撮るの難しくて…

ココもチャビくんも同じトリマーさんに
カットをお願いしています
いつもだいたいトリマーさんが好きな
ように刈ってかわいくしてくれます

気づけばココは女の子っぽく、チャビくんは
男の子っぽくカットされていますね
主に耳が違います

チャビくんも長く残してもらったら
また違う印象になるのかもしれません
でももう短いのがチャビくんの
イメージになったかな

いやほんとココはかわいいな
シニアになっても追い金いらんくらい
かわいいな

140331c.jpg


すこし前からブログ名を変えました
ココ以外の更新なんてそんなにしない
だろうなって思っていましたが
チャビくんの変化が楽しくて
存外レポートしまくってるので
「チャビログ」にしてもいいかなって

上の写真は14歳になりたてのときのココです
一緒に桜見に行ったときのやつ
はぁ〜やっぱりココはかわいいなあ
シニアになって毛が薄くなっても
目がにごっても皮膚がきちゃなくなっても
いぼがいっぱいできてもそれさえかわいかった

もう9ヶ月もたつのにいつまでも
悲しいです。もう大丈夫そろそろ
大丈夫って思っても涙が出ます


140331f.jpg



ココつぼはのぞけるくらい元気に
なったんですけど写真見ると…
(アホか、のぞくな!ってよく
言われます)

ココは色んな人に大事にされたので
人を全面的に信用してて私も
ココには安心感をもって接していました

チャビくんはまだちょっと
遠慮があります
特に人の顔が近くにあると
怖いんだそうです

目もあんまり合うと気まずいみたいです

私もチャビくんをココのように
思っていると勝手が違うことが
よくあります

チャビくんがココみたいに
人を信頼するにはまだまだ
時間がかかりそうです


140331ff.jpg


080125.jpg

OSクリーンインストールするのにデータを
整理保存していたらココの写真が出てきました
600〜700枚だと思っていたココの写真、
全部合わせると1000枚くらいありました

データ消失しないうちに
USBとCD-ROMに保存してココを
コンプリートしました

ココ母さんに1000枚あったよ〜と伝えたら
「うちは1年につき3000〜4000枚ある…」
って、撮りすぎ

この写真は8歳ころのココ
今のココはココつぼになっちゃいましたけど
クリスマスオーナメントさしてます

前回のココつぼの話題で泣きながら
ココ母さんが更なる自虐ギャグを
披露してくれたので本文でも紹介しときますね


ココノイエ〜ほわほわほっこりココつぼ日記〜


もうね、コメント読んでて震えがきました
私もがんばってみましたよ
シーズーココとの生活ログ「ココツボ」

つぼの会は現在会員2名、活動は主に墓守と
ペットロスにならないための作業療法をしています



140302ac.jpg

最近のココ母さんと私のホットな話題は
それぞれのココの骨つぼ「ココつぼ」についてです
(ココ母さん命名)

つい数ヶ月前までは浴衣できゃっきゃしていたというのに
「ココつぼの柄が〜」
「ココつぼクリスマス仕様にする?」
「今の柄が褪せたら今度はピンクのに〜」
「いやココつぼの布は意外と丈夫で〜」


…だいぶつらい話題になってしまってます…

早く埋めろって…?
やー、埋めれないですねえ…

二人ともこじらせてます


140315a.jpg

今年は秋になるのが早いですね
例年9月は暑い記憶しかなかったんですけど
そろそろこたつを出そうかな…なんて

写真は14歳目前の頃のココ
ココがいないのにも慣れてきたとか言いましたけど、
道歩いてもこの道はココと歩いたな−、とか
梨食べてもココも梨大好きだったな、とか
部屋のどこを見てもどこにでもココが転がって
寝てたな、この時間はココがごはんをねだりに
くる時間だったな、とか、ふっと思い出して
ちょっと涙が出たりしてます

どこに行くのもココと一緒
だったので思い出がありすぎて

最後の数年はココは毎日夜中にトイレに起きていたので
廊下を歩くココの爪の音がしないのもさびしいです
寝てたりネットしてたりしたときにココのカツカツ
いう音が聞こえたらすぐ階下に行ってトイレに
ちゃんとたどり着けるか見守ってたので


ココの骨壺覗いて「ココたんおはよー☆」とか
余裕で言えるようになるのはいつのことに
なるやら…とか言ってたら母に「覗かんでええ!!」
と言われましたね

骨とかまだ埋めれません
もうただの骨なのに手放せません
死んだら終わりなのに水とかおやつとか
供えちゃってますからね
そういう行動は自分の心を落ち着かせるために
するものなんですね





DSC06614.jpg


ココの写真をまとめたら700枚くらいありました
今までCD-ROMやUSBにバラバラに保存して
あったものを統合

写真は私を見つめる12歳のココ
この写真は多分差分しか上げてなかったと
思うので初出のはずです

前のブログから今のブログで700枚のうちの
ほとんどはアップしてるのであとは
差分くらいしかないです

今日はココのトイレシーツやフィラリアの薬などを
犬猫の保護団体に送りました
リンク先にある「陽だまり生活」のワンコたちが
属しているアルマという団体にしました

*追記
陽だまりの子たちはアルマから独立して
アーチという別の保護団体になっていました
今回私が送ったのはアルマの方ですがアーチにも
いずれ何かしたいと思っています

ここの関連のワンコたちははじめひどい状態で保健所から
引き出され、目も濁って絶望したような表情を
しているのに、アルマやアーチの人たちに保護されて
いるうちにキラキラでフワフワになっていくので
すごい団体だなって前から見てたんです


ココがいなくなって2週間近く経ちました
コメント欄やブログ、メールなどであたたかな
メッセージを送ってくださりありがとうございました

私はココが若い頃からココがいなくなったら
生きていけないかもしれないと思っていたのですが
むしろいざいなくなったら「生きねば…」と
思うようになりました

ココの写真を見直しながら、変な話ですけど
こんなかわいい子が本当にうちにいたのかな…?
って感じたりします

ココがお骨になった当日からココの感触とか、
においとか全然思い出せなくなって
確かに14年一緒にいたのに、記憶はあるのに
現実味が全然なくて、なんだかうっすらとした
記憶喪失みたいになっています

でもそれで何とかなっているという感じです
今はつらいとか思わなくなりました
たった2週間で!?と、むしろそっちの方が
ショックだったりします

以下の文はコメント欄でお返事したときの
抜粋なんですが、こんなことを思うのは
ココがいっぱいうちの家族のことや
人を大好きになってくれたからです

ココにはうざいぐらい毎日好きだって
伝えてきたのでほとんど悔いはありません

「生き物には必ずお別れがあるのに
それでもココと一緒に暮らすことにしたのは
楽しくて愛情にあふれた生活をしたかったからで
つらいとか悲しいとかで落ち込みたかったわけ
じゃないので、つらいと思うのはしばらくの
間にして、ココがいたときみたいな気持ちに
早く戻りたいと思います」





ココがいなくなって寂しいです
さっきの更新がトップに表示されているのが
悲しいので昔のココの写真を貼りますね

040624.jpg

この画像はインターネットから拾ってきたものです
今のブログはココがシニアになってから始めたもの
ですが、これより前、2006年から2008年にかけて
同じ名前のブログをつけていました

2008年に削除したのでもう見れないと思って
いましたが英語圏のサイトで一部収集されていた
ようで今ありがたく思っています

画像収集に失敗していたりリンクがつながらなかったり
する部分もあるのですが、もう忘れていたココとの
思い出もあり、最後はつらかったけど14年間の大半は
こういう幸せな時間だったなと思い返しています

旧ココログを見てみる


140727a.jpg


やっぱりクーラーを入れてやるとすやすや寝るので
30度超えたらハアハア言わなくても
入れてやらなくちゃと思いました

ムダ毛の処理をしたので洗いやすくなりました
トリマーさんが「ココちゃんは本当におりこうさん!」
と言って割引きしてくれました

ココをくるんでいるのは粗品のタオルです
うちはクーラーを28度で設定するので
そんな寒くはないのですが、すぐハナ垂れる
ココなのでいつもてきとうなものでくるんどきます




140717.jpg

今部屋の気温は32度です
ココは扇風機だけですやすや寝てます

ココがハアハア言ったら冷房を入れるのが
うちの決まりだったんですが、最近暑くても
全然ハアハアしないココです

どうしたのかな…
こんなに毛が生えてるのに暑くないのかな…

お風呂は2日に1回のペース
ねちょねちょです


 Copyright © チャビログ All rights reserved. Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ