日記

保護犬だったチャビくんと仲良くなる経過をつづってます

先週の土曜日ゴロニャーは寿命を全うしました
息をひきとる一時間くらい前に私の膝に
飛び乗ってきて甘えました
ゴロニャーはすぐゴロゴロ言ってしまうので
ゴロニャーという名前になったのですが
そのときはもうゴロゴロいう元気はなかったです
しばらくして外に出たいというので外に出して
ほどなく行きました


130504aa.jpg


これは3年前くらいの写真です
ゴロニャーの大好きな母と
母はひどい猫アレルギーだったのですが
病気をして手術などをしたせいか自然に治りました


060820.jpg



これはゴロニャーの奇跡の一枚



0803_2016112522193292c.jpg



大きい犬も平気でした



060711e.jpg 


ココを従えてのしのし歩く


150601a_201611252220039ad.jpg


チャビくんも引き連れて歩きました


061217.jpg 


これはやらせ写真



160228a.jpg


やらせなしの写真
チャビくんは家族の中で一番ゴロニャーが好きでした


DSC03588.jpg


みごとなニャンモナイト
ベーグルみたいなゴロニャー


PA280044.jpg


ゴロニャーは6月ごろから体調を崩し、9月まで
おさしみしか食べなくなっていたのですが、
9月の20日からそれも食べなくなり、
一日中家にこもるようになりました

ごはんは食べないのにずっと人といたがり
すごく甘えてきて、ゴロニャーはこのまま
逝くのだと思っていました

最後が餓死というのもどうなんだろうと
いろいろ調べたところ、もう病院には
連れて行かず、輸液なしでそっとしておく
のが一番ゴロニャーにとってはよさそうだと
思ったので母と私で付き添って送ることにしました

口にするのは水だけでゴロニャーは日に日にやせ細るのに
人が移動するとよたよた付いてきてずっと誰かの
そばにいようとしていました

いっそ安楽死の方がいいのではと思うことも
ありましたが意外とゴロニャーは安らかで
このまま逝けたらそんなに悪くないと
感じました

24時間必ず誰かがいて、いままでになく
たくさんゴロニャーを撫でました
ゴロニャーはもっと撫でて、もっと撫でてと
言っていました
もう目もほとんどあけられなくなっていました


食べなくなって18日目にいきなりゴロニャーが
ごはんを食べる様子を見せたので猫缶やおさしみを
あげると少しずつ食べはじめました
翌日にも良い量食べ、3日目にはなんとテーブルに
のぼって食材を食い散らかし、それからは
さしみどころか6月から食べられなくなっていた
カリカリすらモリモリ食べるようになりました

きのうなどは夜中の3時に餌をくれ餌をくれと鳴いて
皿に盛ってやったほどです
ガリガリだった体もだいぶふっくらしてきました

外にも出せ出せとうるさく鳴くようになり
完全に復活しました

というわけでゴロニャーは元気です
もうちょっと生きる気があるみたいです



P8020013.jpg


ココがいなくなってもうすぐ1年を迎えます
命日とかはさびしいのであんまり
考えないことにしています

とか言っていたらじゃあ早く送ることにした!
とココ母さんからミニココちゃんが
派遣されてきました

写真はココの仏壇?なんですけど
仏壇と思えないくらいカラフルですね
ココつぼにのってるのが今回うちの子に
なったココ類の妹分です

えてちゃんがかぶってるのは
チャビくんの帽子です

あとチビココちゃんと一緒に送られて
きたバルーンと花の香り玉に
「ハッピーな気分になりたいあなたに」
って書いてあります

私がココのことを考えるときは
楽しい気分になりたいとか
言ったからかな

細かな心遣いありがとうございます
チビココちゃん、えてちゃんや
ワン太くん同様だいじにします



ココノイエお針子倶楽部を結成したので
100均の羊毛フェルトキットでココを
作ってみました!


DSC01840b.jpg


思った形にならなかったところも
あるものの、なんとかココっぽく
なった気がします


DSC01823.jpg


ドールハウスに配置するとますます
ココっぽいです

ココのことで悲しくなりそうになると
作業療法として今は手芸をしています
脳科学的に有効らしいです




141005.jpg


ココちゃんがいなくなって、ココがいなくなったときと
同じように胸にぽっかり穴が開いたようです
会ったことはなかったけど、ココ母さんの
実況中継がうまいからまるで近所にいるみたいに
親近感がありました

ココ母さん、私たちたぶんそれぞれのココと
深い信頼関係のある生活を送れましたよね
最後までしあわせにできましたよね

おもちゃを持って来たら人が喜ぶのを
知ってて持って来てくれるココちゃん
今もとっても愛しいです










DSC00704.jpg

ココ母さんが縫ってくれた浴衣、
えてちゃんに着てもらいました
けっこう似合ってますよね

DSC00705.jpg

えてちゃんとワン太くんは色的に
そろえると華やかです

それにえてちゃんは何かにもたれてないと
座れないので、まくらのワン太くんが
相棒にぴったりなんです




140720.jpg


ココちゃん8さいのお誕生日おめでとう!
この夏もいっぱい遊んでカエルさんに
ブログ更新してもらってね!

外人からのスパムコメントがすごく、すごくしつこいので
コメント欄を承認制にしました

以前から毎日のようにブランドの広告URLを
しつこく貼られていたのを英語を禁止してみたり
ブランド名を複数禁止キーワードにしてみたり
IP固定の迷惑外人は禁止IPに登録したりして
がんばってたのですが、ここのところウクライナからの
書き込みが規制をかいくぐってきた上に
全然関係ない人が規制に巻き込まれて書き込めないという
本末転倒なことになってしまいました

承認制にはできればしたくなかったです

そのかわり規制を全部外したので
書き込めない人はいないと思います


今日帰宅するとチビが血まみれになっていました
胴体にムカデがついてて所々に血だまりが…
傷を見ようにも毛が深くてどう出血しているのかも
見えません

ただポタポタと出血が止まらないので獣医さんに
電話すると連れてきなさいと言ってもらえたので
診療終了30分前に何とか滑りこみました

待合室は小さいわんこがぼちぼちいたので
病院の前で待ったのですがそこでも血だまりを
作ってしまって病院の人が水で流してくれました
ココのトイレシーツを持参すればよかったと
後で気づく

先生も毛で何が何やらわからんということで
バリカンで胴体を刈りました

すると体に穴が開いていて、更に大きめの血管が
破れているとのことでした
局所麻酔をして切開、血管を焼いて出血がやっと
止まりました

チビは今月初めにいよいよ逝きそうになって
また持ち直したところなので体力がなくて
あんまり暴れませんでした

処置が終わったら少々お疲れの模様でした
今は包帯を巻かれてすやすや寝てます

何でこんなことになったのかは詳しく調べないと
わからないのでとりあえず今日は血が止まった
ことでよしとします

私の予想ではムカデに噛まれて気になった
チビが自分で自分の体を噛んだんじゃないかと
思うんですが、血が固まらないというのが謎ですね

もし何かの病気だったとしてももう
痛みを取るような治療になると思います

ブラッディな一日となりましたが
チビはけっこう元気です


追記

DSC09563.jpg

最近ボロッとなってるチビ
触ってもなかなか気づきません
血が止まってたらもう連れて来なくていいと
先生が言っていたので抜糸はうちでしようと
思っています






cocochan.jpg


かわいいココちゃん、7歳のお誕生日おめでとう!

ココノイエのココちゃんが本日お誕生日です
わんこブロガー有志のおめでとう企画に
楽しく参加させてもらいました^^
ココちゃん、みんな応援してるよ〜!

ごはん食べようねぇ〜!


ココ母さん、コメント返しなどのお気をつかわず
ただ楽しんでいただけたらと思います







 Copyright © チャビログ All rights reserved. Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ