2014年04月

保護犬だったチャビくんと仲良くなる経過をつづってます
DSC09607.jpg

きのうのココはおもむろに
ワン太くんをペロペロしていました

140425.jpg

今日もかわいくしてもらった


今朝のこと、ココは7時すぎにごはんをもらって
テンション高めに食べていました

その様子を見た弟がとんでもないことを言いました

弟「ココって動けるんや。寝たきりなんかと思っとった」

はあ!?
確かにココは漬け物石みたいにめったに
動かないけれどおやつの時間にはまだ
濁った目もちょっぴりきらめくから!!

ココは子犬の頃発育不良だと診断されて
ドライフードは食べるだけ与えてかまいませんと
獣医さんに言われていました

成犬になると小さいながらも3キロまで体重も増え、
骨格に見合ったベストな体型となっていました

が、シニアになった頃から体重が増え続け、今では
5キロ目前に。心臓にも負担がかかるし、運動も
無理となればもう食事で調整するしかないですね

以前ココノイエのココちゃんの食事風景をブログで
見たときにココちゃんはちゃんと「はかるやつ」で
フードの量をはかってもらっていてちょっと
カルチャーショックをうけました

はかるやつなしで14年間育ててしまった
犬がこちらです↓


140417.jpg

これはおやつを何とか取ろうとしている様子
もはやおすわりもマテもできなくなりました


そんなココの適切な食事量は…?

ドッグフードのパッケージを参考に計りで計ってみました

体重1キロから3キロの子の1日分のドライフード73グラム

DSC09544.jpg



体重3キロから5キロの子の1日分のドライフード102グラム

DSC09545.jpg

ココだったら運動量がほぼないので70グラムでも
多いくらいかもしれないなあ…

缶詰併用の場合
体重3キロとして朝晩与えるときの1回分のごはん
ドライフード25グラムと缶詰1袋(80グラム弱)

DSC09549.jpg


計ってみたけど割と毎日このくらいの食事量だったのでよかったです
でも太ってるってことはもっと減らさないといけないのだろうか…



今日帰宅するとチビが血まみれになっていました
胴体にムカデがついてて所々に血だまりが…
傷を見ようにも毛が深くてどう出血しているのかも
見えません

ただポタポタと出血が止まらないので獣医さんに
電話すると連れてきなさいと言ってもらえたので
診療終了30分前に何とか滑りこみました

待合室は小さいわんこがぼちぼちいたので
病院の前で待ったのですがそこでも血だまりを
作ってしまって病院の人が水で流してくれました
ココのトイレシーツを持参すればよかったと
後で気づく

先生も毛で何が何やらわからんということで
バリカンで胴体を刈りました

すると体に穴が開いていて、更に大きめの血管が
破れているとのことでした
局所麻酔をして切開、血管を焼いて出血がやっと
止まりました

チビは今月初めにいよいよ逝きそうになって
また持ち直したところなので体力がなくて
あんまり暴れませんでした

処置が終わったら少々お疲れの模様でした
今は包帯を巻かれてすやすや寝てます

何でこんなことになったのかは詳しく調べないと
わからないのでとりあえず今日は血が止まった
ことでよしとします

私の予想ではムカデに噛まれて気になった
チビが自分で自分の体を噛んだんじゃないかと
思うんですが、血が固まらないというのが謎ですね

もし何かの病気だったとしてももう
痛みを取るような治療になると思います

ブラッディな一日となりましたが
チビはけっこう元気です


追記

DSC09563.jpg

最近ボロッとなってるチビ
触ってもなかなか気づきません
血が止まってたらもう連れて来なくていいと
先生が言っていたので抜糸はうちでしようと
思っています







140407a.jpg

桜が散るころになってこんなに寒いとは
まだまだこたつがしまえない愛媛のココ宅

ココもこんなに丸くなって寝てます


DSC09475a.jpg

愛媛はもう桜が散りつつあります
写真はこの間ココと花見に行ったときのです

今日ココの耳そうじをして
ごほうびにイチゴのおやつを
あげたら、食べた後にしっぽを
フリフリしてごきげんでした

それを見て私はびっくりしました
ココはしっぽをめったに振らないので
最近ではただの飾りなのかなと思ってた
くらいなんです

飾りじゃなかったんだねぇ


 Copyright © チャビログ All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ