2016年10月

保護犬だったチャビくんと仲良くなる経過をつづってます

PA270009.jpg



これは弟が撮影したチャビくんです
私のときとは表情がだいぶ違います
だいぶまぬけヅラをしてしまっていますね

チャビくんは弟のことをレアモンスターだと
思ってるらしく、遭遇すると喜んで
追いかけっこをしています




PA270015.jpg



ぼくきたよ〜
おいかけないの??



PA270002.jpg


追いかけてもらってとてもうれしそうなチャビくん
このとき私は部屋で転がって映画を見ていたんですが、
その私の顔面を踏みつけてチャビくんは走っていきました

めがね吹き飛びましたよ



PA280044.jpg


ゴロニャーは6月ごろから体調を崩し、9月まで
おさしみしか食べなくなっていたのですが、
9月の20日からそれも食べなくなり、
一日中家にこもるようになりました

ごはんは食べないのにずっと人といたがり
すごく甘えてきて、ゴロニャーはこのまま
逝くのだと思っていました

最後が餓死というのもどうなんだろうと
いろいろ調べたところ、もう病院には
連れて行かず、輸液なしでそっとしておく
のが一番ゴロニャーにとってはよさそうだと
思ったので母と私で付き添って送ることにしました

口にするのは水だけでゴロニャーは日に日にやせ細るのに
人が移動するとよたよた付いてきてずっと誰かの
そばにいようとしていました

いっそ安楽死の方がいいのではと思うことも
ありましたが意外とゴロニャーは安らかで
このまま逝けたらそんなに悪くないと
感じました

24時間必ず誰かがいて、いままでになく
たくさんゴロニャーを撫でました
ゴロニャーはもっと撫でて、もっと撫でてと
言っていました
もう目もほとんどあけられなくなっていました


食べなくなって18日目にいきなりゴロニャーが
ごはんを食べる様子を見せたので猫缶やおさしみを
あげると少しずつ食べはじめました
翌日にも良い量食べ、3日目にはなんとテーブルに
のぼって食材を食い散らかし、それからは
さしみどころか6月から食べられなくなっていた
カリカリすらモリモリ食べるようになりました

きのうなどは夜中の3時に餌をくれ餌をくれと鳴いて
皿に盛ってやったほどです
ガリガリだった体もだいぶふっくらしてきました

外にも出せ出せとうるさく鳴くようになり
完全に復活しました

というわけでゴロニャーは元気です
もうちょっと生きる気があるみたいです



PA100003.jpg


先週のこと、私は普段の自分の仕事以外の
仕事が多く、疲れていました
月曜ぐったりして帰ると、私の人をダメにするソファに
こんもりゆるいうんこがのっていました

しんどいときってなにゆえしんどいことが
重なるんでしょうか
帰るなりカバーをはずし洗濯です
中身にもちょっとしみてしまっていて
洗ったのですが乾くとほんのりうんこの色が
広がってしまいました

犯人は上の写真のうんこマンなんですが
カバーを洗う私を見ながら微妙な顔をしていました
チャビくんこのソファに乗ったこと2回くらいしか
ないやん?なんでよりによってここでしたの?

せっかくココ母さんが「ちくわ坊や」という
かわいいニックネームをつけてくれたのに
この事件のせいで先週はずっとうんこマンと
呼ばれていたチャビくんです

それから2階にくるたびにソファのにおいを
かいで「ここなにかのにおいする!」と言うんですけど
お前のせいですから




PA020055.jpg



こちらすやすや寝ていても人が洗面台に行ったり
トイレに行ったりすると毎回起きてくる
チャビくんの様子です

もっとゆっくりすればいいのに
人が動くと目を覚まして
ついてきます

チャビくんはもとの飼い主に捨てられたので
また置いていかれることを心配しているのかも
しれません

エアコンがまわってるからと戸など閉めたら大変
すぐキュンキュン鳴いてしまうチャビくんです
体重は5.3kgになりました
今がベスト体重だと思います
チャビくん育ったな〜
うちに来たときはまだ乳歯があって小さかったんですよ
当時シブい表情しかしなかったので
今の方が子犬みたいです


PA010025.jpg


これは私が脱ぎ捨てた服がクサいらしく
テンションが上がってしまったチャビくん
そうか〜クサいか〜



 Copyright © チャビログ All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ