2020年07月

保護犬だったチャビくんと仲良くなる経過をつづってます


200730b.jpg




写真はきのう病院から帰ったときのチャビくん
ココは麻酔に強かったので覚めたら即
普通の状態だったのですが
チャビくんはフラフラぼんやりして
なかなか麻酔が抜けませんでした

今日のチャビくんはだいぶ元気で
母がお隣さんにおすそ分けを持って行って
帰ってこないので
「お隣さんところに行く?」と聞いたら
喜んで出てきました

そしてお隣さんの庭で突然走り回りました
ええ〜
ステロイドすごい効き目だなあ…
このまま炎症が消えてくれたらいいなあ…


おしっこをしようと右足を上げようとしたけれど
上がらずへたりこんでしまい、それでもあきらめず
今度は左足を上げてチャレンジするチャビくん

左足も上がらずぺちゃっとこけてしまいました

あきらめてメスみたいに座って済ませました

母はお隣さんの畑でネギをもらおうとして
こけて起き上がれなくなっていました
(ネギはいつでも取っていいよと言われています)

足腰の弱ったチャビくんと母でした





8/2 追記

画像を専門の先生に送っていた件で所見が帰ってきました
ヘルニアではなく骨髄腫瘍とのことでした
これからどうしたらいいのか地元のかかりつけの先生にも
相談して決めていかないといけません










200724c.jpg



だましだましやっていきたいと言っていた
チャビくんのヘルニア治療
担当の先生も治ると思っていたそうですが
だんだん悪化してここ数日でかなり
歩きにくくなってしまいました
ごはんも食べたそうにするのに
食べなかったりしておかしいです


もう手術の段階だろうかと
今日はMRIの撮れる四国中央市の病院に行ってきました


以前ココの手術のときは宇野動物病院さんに
お願いしたのですが、今はそちらの病院は
セントラルシティ病院になっているそうです
ちょっと場所が違うので戸惑いました
先生も同じみたい


CTとMRIを撮った結果、はっきりとは
病名が決まらず手術ができるのかどうかも
わからないまま帰宅することになりました


ヘルニアがあるのは確認できたものの
軽度なのでこれほどの足のしびれが
出ているのはおかしいんだそうです

そして骨髄に少し腫瘍のようなものが
あるのでガンなのかヘルニアの炎症なのか
決められないとのことでした

肝臓の数値が悪く、心臓も少し大きかったです
心臓は生まれつきのようで今のところ
治療は必要ないそう

どちらにせよステロイドをしばらく
飲んだ方がいいでしょうということで
ステロイドが出ました

ステロイドを飲むと肝臓がさらに
悪化するかもしれず肝臓の薬もでました


ごはんが食べられないのは肝臓のせいらしいです


きのうから何も食べられなかったチャビくんですが
注射をしてもらったら今日の夕ご飯は
ペロッと食べることができました


ヘルニアだとばかり思っていたので
いきなりガンの可能性、しかも骨髄なので
ガンでも取れないことがあると聞かされ
かなりショックなのですが
ステロイドでしばらく様子をみることになりました


診察代はCTとMRI、薬、注射で125,785円でした






200628a.jpg


こちら6月末のチャビくん
カットの予約でだいぶ待ったのでモサモサ
今年は腰痛になったので早く取れてても
行けなかったかもしれないので
まあちょうどいいタイミングでした
モサモサのシーズーってテディベアみたいで
かわいいからこれはこれでいいんですが
6月にこれでは暑いですよね
クーラーでなんとかしのいでカットの日を待ちました




200705a.jpg



カット後
つるつるです
これは涼しい







200705b.jpg




チャビくんは腰痛持ちになってしまいました
もう以前のように足に力がありません
調子のいい日があったりなかったりで
階段もたまにのぼろうとするので
階段にはチャビガード用のダンボールを置いています

まだ6歳くらいなのに悲しいですが
歩けるし痛みはないみたいなので
だましだましやっていきたいと思います


 Copyright © チャビログ All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ